行政 |  2020.3.3

国交省がマンション長寿命化の支援事業

先導的な取り組みに補助、4月に募集開始

国土交通省は「マンション長寿命化の支援事業」を創設。今後、急速に増加し大きな社会問題化する恐れがある高経年マンションの対策に本腰を入れる。


居住環境の悪化や、区分所有者の高齢化・非居住化(賃貸・空き住戸化)、管理組合の担い手不足などの問題をもたらす高経年マンション――。20年後には現在の約4・5倍の366・8万戸に急増する見込みで、早期の対応が求められている。

こうしたなか、国土交通省は高経年マンション対策に向け、マンションの長寿命化を支援する「マンション長寿命化の支援事業」を2020年度に創設、4月から募集を開始する。

マンション改修事業者などがマンション長寿命化に寄与する提案を行い、有識者検討会が検討・採択し補助を行う。

補助のタイプは「計画支援型」「工事支援型」の2タイプ。計画支援型は、長寿命化に向けた先導性の高い事業を実現するために必要な調査・検討などへ支援するもの。事業要件は区分所有者が10人以上で、耐用年数の2分の1を経過していること。補助額は定額500万円で事業実施期間は最大3年間。

工事支援型は、高経年マンションの長寿命化に向け、先導性が高く創意工夫を含む改修・修繕、建替の工事費用の3分の1を支援する。

対象となるマンションの要件は、25年以上の長期修繕計画に基づく修繕積立金額を設定していること。修繕積立金額が長期修繕計画額と概ね一致している、もしくは計画より余裕があること。区分所有者が10人以上であり、耐用年数の2分の1を経過していること。また、取組みを行うマンションが所在する地方公共団体において、マンション管理に関する計画や条例等を策定している(策定見込みを含む)ことも事業要件となる。該当する地方公共団体は、国土交通省のホームページで後日公表する予定。

補助を行う工事の提案については、ライフサイクルコストの低減につながる長寿命化改修であることや、新たな技術の導入や工期短縮を見込める工法の工夫があるもの、多様なニーズに対応するものや防災性の向上が見込めるもの、地域づくりに貢献するものなどとする。

このうち、多様なニーズに対応するものについては、例えば単身高齢者世帯に向けて広い住戸を小規模な複数戸に分ける改修などを想定。

地域づくりに貢献する提案例として、空き住戸を転用し子育て支援施設や高齢者支援施設等の地域機能を導入する工事などを想定している。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

住宅 |  2020.9.17

積水ハウス、新たな生活シーンを盛り込んだ新しい住宅を7棟で提案

家族像、趣味、家族構成、価値観… 「ライフスタイル型モデルハウス」を茨城県古河市に

不動産 |  2020.9.16

8月の首都圏の中古住宅市場、成約件数が急増

マンションは18.2%、戸建は21.8%の大幅増

その他 |  2020.9.16
住宅 |  2020.9.16

相次ぐテレワーク対応の賃貸住宅

"音"への悩み問題に対応するメーカーも