その他 |  2020.1.31

再エネの主力電源化へ、業界横断の団体設立

政策提言や環境整備を実施

再生可能エネルギーの主力電源化に向け、民間事業者が業界横断の団体(一社)再生可能エネルギー長期安定電源推進協会(東京都港区・眞邉勝仁代表理事(リニューアブル・ジャパン社長))を設立した。太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)が転換期を迎える中、民間の力を合わせて省庁への政策提言や環境整備を推進し、再生可能エネルギーの主力電源化の実現を目指す。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目