建材 |  2019.8.8

デザイン力は企業の競争力 建材開発の初期段階からデザイン 組み合わせの調和も追及 

LIXILデザインセンター

LIXILは、デザインセンターを中心に、個々の建材のデザイン性の向上、さらに商品群を組み合わせたときの調和を目指してデザイン改革を進める。
羽賀豊デザインセンター長は、「デザイン力は、技術力と同じで、企業の競争力そのもの」と話す。
センター設立から約4年でどのような成果が生まれてきているのか。

所在地:東京都江東区大島2‐1‐1 LIXIL WINGビル
スタッフ:約30人

LIXILは、2015年4月、大規模な組織変革を行い、住宅建材を中心とする「LIXIL Housing Technology(LHT)」内に、CEO直下の組織として、デザインセンターを設立した。デザインセンター長には、ソニーでオーディオやビデオなどの商品戦略立案などに携わった経歴を持つ羽賀豊氏が就任した。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

建材 |  2020.8.27

巨大台風を想定した耐風シャッターが充実

リフォーム対応、中層マンション対応など独自性も

住まいのスタンダードになる 宅配ボックス
特集 |  2020.8.24

住まいのスタンダードになる 宅配ボックス

“新しい生活様式”で必要不可欠に

スマート宅配ポスト
特集 |  2020.8.24
住宅 |  2020.8.21

ポラスグループ・ポラスタウン開発 人気ママブロガーを使った住宅に注目

オンライン販売にも登場 主婦目線が買い手に共感