家賃債務保証で「契約時の説明不十分」のクレーム急増

契約時に説明がないケースも、国交省が報告


家賃債務保証で、近年「契約時の説明不十分」に関する苦情・相談が急増していることが国土交通省のまとめで明らかになった。2017年は前年比3倍以上に急伸。同省は「保証業者だけでは解決できない。幅広い業者に呼び掛けていきたい」と話す。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事