行政 |  2019.5.16

国がMaaSに本腰、住宅地再生など目指す 

業界横断の協議会、実証事業スタート

国はIoT・AIを導入した新たな自動車を活用した「MaaS」の社会実装に本腰を入れる。高齢化した郊外住宅地の再生などを目指す。

MaaSは「Mobility as a Service」の略で、スマートフォンアプリなどを通じ、バスやタクシー、カーシェアリングなど、マイカー以外の交通手段を一体的に利用できるサービスを提供するサービスだ。IoTやAIの発展により、近年、ヨーロッパなどで社会実装し始めており、交通利便性の向上や地域価値向上などで成果を上げている。このため、国は日本でもMaaSの社会実装を目指す。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る