外国人材の受け入れ拡大へ新法人を設立

企業には建設キャリアアップシステム登録を義務付け

  


在留資格「特定技能」の新設に伴う、建設分野における外国人材の受け入れがスタートした。
国土交通省は、適正かつ円滑な受け入れを実現するために(一社)建設技能人材機構を設立。
受け入れ企業は、受け入れ計画を作成し、国土交通大臣による認定を受けることが必要だ。

特定技能の在留資格は、中小事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため新設された。一定の専門性・技能を有した即戦力となる外国人材を受け入れていく仕組みを構築する。対象となる産業は、建設業を含む14分野。

国土交通省は2025年度の建設技能者を約326万人と推計しているが、必要となる労働力(約347万人)に対する不足分(約21万人)に、生産性向上と国内人材の確保を足してもなお不足する4万人を上限に外国人材の受け入れを行う。従事する業務は、型枠施工、左官、コンクリート圧送、トンネル推進工、建設機械施工、土工、屋根ふき、電気通信、鉄筋施工、鉄筋継手、内装仕上げの11種。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース