住宅地への次世代モビリティ導入の検討が加速

大和ハウスや東急電鉄は団地再生で高齢者の交通手段などに期待


住宅地へ自動運転などの次世代モビリティサービスの導入を検討する動きが加速、ハウスメーカーなどが既存住宅団地の再生を図るための手段として、実証実験に乗り出した。

* * *

自動運転を活用し住宅地の活性化を図る取り組みが活発化してきた。大和ハウス工業は1967年に開発した「緑が丘ネオポリス」(兵庫県三木市)の活性化を図る施策の一環として、自動運転の活用を検討する。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

 

住まいの最新ニュース