【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

北海道の最先端住宅を見て

北海道が南幌町、北海道住宅供給公社と連携し、地域型住宅のモデル的な取り組みを提案した展示場が「南幌町みどり野きた住まいるヴィレッジ」である。北海道がおススメする事業者として登録する「きた住まいるメンバー」の6組の工務店と設計事務所がチームを組み、6棟のモデルハウスを建設した。日本の家づくりの最先端を切り拓いてきた「北方型住宅」の先を行く北海道の新しい家づくりを提案する。 6棟のモデルは、高い省エネ…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

Presented by エヌ・シー・エヌ

東京ゼロエミ住宅に水準2、3を創設

最大補助金210万円からと手厚い支援で普及を加速

得する住宅2022

省エネ、災害対策、子育て支援…これからの住まいの姿を目指す支援策

2022.1.6

【2022年の“注目”住宅マーケット:ZEH】分譲、共同住宅へも広がりが

課題解決が進み市場が拡大 戸建分譲、共同住宅の市場も動き出す

2021.9.16

2022年度住宅関連行政施策

脱炭素化、災害対策、ストック市場拡大など新たな施策が次々と