その他 |  2018.10.30

CEATECレポート IoT・AIを活用して暮らしを快適に 

スマホ決済でストレス軽減、独自センサで健康サポートも

アジア最大級の家電・デジタルテクノロジーの見本市「CEATEC(シーテック)JAPAN2018」が千葉県の幕張メッセで開催された。IoTやAIがさまざまな製品やサービスに導入されることによる快適な暮らしが見えてきた。

アジア最大級の家電やデジタルテクノロジーの見本市「CEATEC JAPAN 2018」が10月16日から4日間、千葉県の幕張メッセで開催され大きな注目を集めた。かつては「家電ショー」と言われたシーテックだが、2016年に「脱・家電見本市」を宣言。近年は様々な産業と業種の“共創”によるビジネスの創出を目指す場として家電や通信、自動車や金融など様々な業界が参加する展示会となっている。

CEATEC JAPAN 2018には昨年より多い725社/団体が出展した


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る