【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

自分好みに調整できる「リノベ済み」マンション

#06 東京都杉並区

   text:佐藤可奈子 photo:toolbox

  • 現在はウェブ広告代理店に勤めている小林さん。約40㎡のワンルームを『突っ張りウォールキット』やシェルフで緩やかに仕切って暮らしている

  • 壁の本棚や窓辺のハンガーパイプは購入後に工事を発注して設置

  • 追加工事の素材はもともとの内装を指針にして選んだそうだ

    「いちから設計しなくても、最初から自分好みにデザインされた物件で、さらに自分のこだわりも反映できるなら、それも良いなと」と話す小林さんが購入したのは、コスモスイニシアとtoolboxが企画したリノベーション済みマンション。好きな位置に「壁」を後付けできるサービスが用意されており、住まい方に一番影響する「間取り」を購入者がカスタマイズできる物件だった。小林さんが選択したのは、分譲時のワンルームのままの間取り。「オンオフのゾーンがきっちりわかれていないのがいい。壁がないから使い方の自由度が高いのもいいんですよね」(小林さん)。20 代後半で独身の小林さんにとっては、暮らし方を型にはめないワンルームがしっくりきたようだ。間取り同様、「つくり込み過ぎない」内装に仕上げられていたこちらの部屋。小林さんは自身で工事を発注し、壁に本棚を造作、窓際には『アイアンハンガーパイプ』を取り付け、『突っ張りウォールキット』の間仕切りを造り、有孔ボードで収納引き戸を作った。「自分で仕上げるからこそ、家に対する愛着が増すし、家への理解も深まるから、居心地がとても良いし、自分の暮らしを顧みることにもつながりました」と小林さん。“ 自分好みに調整できる住まい” は、“ 暮らしへの愛着を育てる住まい” だとも言えそうだ。

    ※こちらの事例はtoolboxウェブサイトの「事例 Pin-up」コーナーでも紹介されています。

    toolboxロゴ
    「自分の空間を編集するための“道具箱”」をコンセプトに、内装建材や家具パーツ、住宅設備を販売するネットショップ
    www.r-toolbox.jp

    住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

    ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

    特集:

    閉塞感のその先へ

    2022年の幕が上がった。
    新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
    脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
    風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
    社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
    2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

    目次を見る

    関連記事