Housing Tribune |  2018.10.26

ハウジング・トリビューン Vol.566(2018年20号)

戸建賃貸に注目集まる 土地活用提案に新たな選択肢

少子高齢化を背景に住宅着工数が伸び悩むなか、賃貸住宅は相続税対策として好調な市場環境を維持してきた。
しかし、供給過剰で市場が飽和し、着工は減少傾向にある。
一方で、新たな土地活用提案として、注目度が高まっているのが戸建賃貸である。
新規参入や新たな取り組みを開始する企業が増加、市場が活発化してきた。

目次

HTʼS EYES

伝統の継承と技術の革新
危機感は発明の母

戸建賃貸に注目集まる
土地活用提案に新たな選択肢

TOPICS&NEWS

メガバンク、住宅ローン審査へのAI導入相次ぐ
産総研が建築用人型ロボットを開発
エアコンへのAI導入が相次ぐ

INTERVIEW

(一社)長寿命住宅普及協会 風間健 会長
住まいの価値を表示し、保証する

構造材で国産材活用の波

CLOSE UP

野村不動産ホールディングス 複合開発で"コミュニティを核に"新方針
パナソニック エコソリューションズ社 住宅向けHOME IoTを深化
リビタ マンションリノベの新ブランド

PICK UP

ウイング 2×4工法のさらなる合理化へ着手

連載

住まい百景「自分好みに調整できる『リノベ済み』マンション」

スマカチだより スマカチ総研が9月セミナーを開催
環境省が家庭のCO2排出実態調査を初公表
CEATECレポート IoT・AIを活用して暮らしを快適に

FLASH

三菱地所ホーム コスト抑えた全館空調の新バージョン
ポラスグループ 千葉・船橋に体感すまいパークをオープン
(一社)環境共生住宅推進協議会 フェノロジーガイド作成ツールを開発
(一財)住宅産業研修財団 大工志塾をスタート
住生活月間中央イベント実行委員会 住生活月間中央イベント開催
埼玉県住まいづくり協議会 病気と住まいの関係で警鐘を鳴らす

Channeling Data

積水化学工業住宅カンパニー・生涯健康脳住宅研究所「中高齢者の自宅における運動に関する意識・実態調査」
観光庁「住宅宿泊事業者からの定期報告」
森記念財団 都市戦略研究所「日本の都市特性評価」