ルーヴィスが賃貸の大規模修繕費立替えサービス 賃貸の空き室問題に一石

初期コストなしでリノベ・メンテが可能


ルーヴィスは賃貸住宅の大規模修繕費用を立て替えるサービスを開始した。賃貸オーナーは初期コストなしで大規模修繕を行える。賃貸の空き室問題に一石を投じそうだ。

* * *

賃貸住宅については、築10年を過ぎると、大規模な改修工事が必要になってくる。だが、費用を捻出できない賃貸オーナーも多い。大規模修繕のしっかりとした資金計画を練って賃貸住宅を新築する人は多くないためだ。結果、大規模修繕できずに競争力が落ち、空き室が増えてオーナーを圧迫する。こうした課題の解決を目指し、横浜市に拠点を置く住宅・不動産会社のルーヴィス(福井信行 代表取締役)は、賃貸住宅オーナーが初期コストなしで物件の大規模修繕を行えるサービス「タテカエ」を開始した。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです