BIMが変える住宅建築 木造住宅分野こそBIM普及の可能性大

(公社)日本建築積算協会 副会長 専務理事 加納恒也 氏

  


BIMと連動する積算業務が主流に

建物の3次元モデル、BIMは大型建築で用いられるものというイメージが強いが、近年、住宅分野でも次世代の建築生産手法として導入を模索する動きが出てきている。
住宅、非住宅を問わず積算業務に携わる技術者などで構成される(公社)日本建築積算協会の副会長・専務理事を務める加納恒也専務理事は「規模が小さい住宅の方がBIMを活用したシミュレーションが行いやすい。
設計者、施工者と施主との距離を縮めるコミュニケーションツールとして普及が進む可能性は高い」と話す。

(公社)日本建築積算協会副会長 専務理事 加納恒也 氏

──BIMを活用するメリットについて改めて教えてください。

BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)とは、コンピュータ上に作成した建物の3次元モデルのなかに、建築部材の仕様・性能、さらに仕上げ、コストなどの属性データを追加した建物の統合データベースです。言い換えれば、実際に建物を建設する前に、コンピュータのなかに建築に関する様々なデータを入れて、仮想空間上に建築物を一度建ててしまうということです。

これにより、建築物に関する様々な情報を可視化できます。設計の早い段階で様々なシミュレーションを行い設計内容の検証を行い、迅速に問題点の改善を図ることも可能で、設計の質を高められます。このように設計の初期の段階に負荷をかけ、作業を前倒しで進めることをフロントローディングと呼びます。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース

fujisan.co.jpへ