東京都は空き家を活用して事業を行いたい企業家と、空き家所有者をマッチングする事業者に対する補助を2018年度から新たに開始。今回、採択事業者が決定し、ミサワホームや東京急行電鉄(以下、東急電鉄)などが選ばれた。東京都の新規事業は起業家支援と地域活性化を同時に図る取り組みとして、今後空き家活用の新たな形態として注目を集めそうだ。

* * *

東京都は新規事業として、「起業家による空き家活用モデル事業」を開始した。同事業では空き家を活用して事業を行いたい企業家と空き家所有者をマッチングする事業者「コーディネーター」に対し、100万円の補助を行う。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
このエントリーをはてなブックマークに追加