三和シヤッター工業はグループ会社である田島メタルワークと共に、戸建住宅用宅配ボックス「おるすばんボックス」を開発、販売を開始した。2018年度で1000台の販売を目指し、再配達問題の解消にも寄与していきたい考え。

再配達問題が社会的に大きな話題となったこともあり、戸建住宅用宅配ボックスの開発が活発化している。こうしたなか、三和シヤッター工業は長年集合住宅向け宅配ボックスを提供してきた田島メタルワークと共に戸建住宅用宅配ボックス「おるすばんボックス」を開発、販売を開始した。

おるすばんボックスは、幅340mm、高さ550mm、奥行き410mmで重量25㎏までの荷物を受け取ることができる大容量の宅配ボックスだ。宅配事業者は荷物をボックスに入れ、捺印装置に伝票を差し込んでボタンを押すと受領印を押すことができる。捺印装置は扉の内側に付いているためいたずらなどを防止できるほか、通常の印鑑ではなく宅配ボックスごとに異なる番号が記載された受領印を採用。悪用リスクのある捺印機能の安全性を確保している。

また、宅配ボックス内に子供が閉じ込められるという事故が発生していることから、ボックス内に非常脱出レバーと人感センサーライトを設置。万が一子どもが閉じ込められた場合でも内部のレバーを押すと簡単に解錠できるうえ、動きを感知するとボックス内の人感センサーライトが点灯して外部に知らせる。

設置方法は壁に埋め込むタイプと据え置きタイプの2種類から選択できる。据え置きタイプは別途巾木を購入しての設置となるが、通常のアンカー止めのほかにコンクリートブロックを重りとして使用して設置するコンクリートブロック止めにも対応している。ユーザーがホームセンターなどでコンクリートブロック2つを購入し、巾木の内側に入れるだけで簡単に設置できる。同社事業戦略部門住宅建材PJ部長の勝真澄氏は「施工が必要ない商品を提供することで、ネットなどでユーザーが直接購入できるようにした」と話す。

大容量の宅配ボックスは重量25㎏までの荷物を受け取ることができる

コンクリートブロック止めはコンクリートブロック2つを巾木の内側に入れるだけで設置可能

1000台を目標に販売注力

2018年度はグループ全体で1000台の販売を目標にしている。設置のしやすさに加え、前入前出タイプで7万5000円、前入後出タイプで9万円と低価格化を実現。競争が激化する宅配ボックス市場でも勝氏は「価格の安さには自信を持っている」と話し、シェア獲得を狙う。

また、同社はすでにおるすばんボックスのさらなる機能の充実化や新たな製品の開発に着手している。今後はおるすばんボックスの販売に注力し、今なお問題となっている再配達率の減少に寄与していきたい考えだ。