お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2018.9.27

戸建てでも宅配ボックスが当たり前の時代に

安全性、利便性、デザイン性など加速する製品開発競争

再配達問題が注目を集めて以降、宅配ボックス市場が大きな盛り上がりを見せている。
玄関先などに宅配ボックスを置けば、住人が留守でも宅配業者は荷物を宅配ボックスに入れておくことができ、住人にとっても再配達を依頼する必要がないため互いにメリットが大きいとしてニーズは高い。
しかし宅配ボックスの普及が進むなかで、子どもの閉じ込めによる事故や盗難など、セキュリティや安全性に関する問題も浮上してきた。
加えて、ボックスのサイズやデザイン、荷物が入ったかどうかを知らせる機能など、ユーザーが求める機能も多様化しつつある。


インターネット通販は今や生活に欠かせないものとなった。お取り寄せや贈り物だけでなく、日用品の買い物などでの利用も進み広く普及している。

経済産業省の調査によると日本国内の消費者向け電子商取引による市場規模は2012年から増え続け2017年には16.5兆円に達した。

それに伴い配達量は増加、再配達問題が大きな話題となったのは記憶に新しい。

再配達問題を解消するための一つとして宅配ボックスが注目を集めたことにより、集合住宅向けだけでなく戸建て住宅での使用を視野に入れた宅配ボックスの開発が相次いだ。

(一財)ベターリビングは今年に入って業界初となる「戸建住宅用宅配ボックス」を対象とした優良住宅部品認定基準を制定した。

標準的な基準が存在せず強度などの性能が満たされていない製品が流通し始めていたことを受けて制定したもので、集合住宅向け宅配ボックスの認定基準などを参考に、施工性や子どもの閉じ込め防止に配慮した認定基準を設けた。

明確な基準が制定されたことにより、さらに宅配ボックスの採用が加速しそうだ。

再配達問題の解消に日本郵便が置き配を開始へ

再配達問題の解消に向けて日本郵便では新しいサービスとして置き配を来春から開始すると発表した。置き配とは、海外では広く普及している配達方法で、荷物を玄関前に置くだけで配達を完了させるサービスのこと。日本における宅配サービスは、荷物を直接、受取人に手渡しするのが原則となっていたが、深刻な人手不足に加えて再配達による労働環境の問題がクローズアップされるようになったことで、サービス開始に乗り出した。

しかし、置き配に関しては盗難などを不安視する声も少なくない。Yperが「置き配と簡易宅配ボックス」について実施したアンケートによると、「『置き配』にどういった機能があれば利用したいか」という問いに対して、「盗難防止措置」、「預入時に通知」、「置き場所を自分で選択できる」、「損害保険」といった盗難を防止する機能を求める意見が上位を占めた。また、「どういった形の受取器具であれば自費で購入・設置するか」との問いには、「設置工事不要の簡易宅配ボックス」、「IoT型簡易宅配ボックス」、「設置工事必要の宅配ボックス」が全体の64%を占める結果となった。

アットホームが一戸建てに住む男女620名を対象に行った「一戸建ての“宅配ボックス”に対する意識調査」でも、70.5%の人が宅配ボックスを欲しいと答えた。再配達問題や置き配の本格的なスタートが話題となったことにより、戸建て住宅用宅配ボックスのニーズはさらに高くなっている。

大型の荷物も受け取りたい
求められる大容量の宅配ボックス

ニーズの高まりに伴い、様々なメーカーによる宅配ボックスの開発、提案が進められている。ユーザーのなかには大容量の宅配ボックスを求める者も多いが、そのニーズに応える製品がナスタが提供している「住宅壁貫通型ポスト付き宅配ボックス」だ。これは、厚さ5cmまでのメール便などの大型郵便物が複数個受け取れるポストと宅配ボックスを一体化したもの。宅配ボックスは395×315×225mmまでの荷物を受け取ることができ、重さも30kgまで耐えられるサイズを採用している。「みかん箱相当の荷物を受け取れるこのサイズなら宅配便の約6割は受け取ることができる」(ナスタ)。

ナスタの「住宅壁貫通型 ポスト付き宅配ボックス」
ナスタの「住宅壁貫通型 ポスト付き宅配ボックス」は、大型郵便物が複数個受け取れるポストと宅配ボックスを一体化したもの。宅配ボックスのサイズはは395×315×225mmでみかん箱相当の荷物を受け取れる

三協立山・三協アルミ社では「宅配ボックス フレムス」にミドルタイプ、ハーフタイプ、スリムタイプの3種類を用意している。ミドルタイプなら幅3 4 0 mm、高さ5 0 0 mm、奥行き350mm、重量20kgまでの荷物を受け取ることができる。設置場所や使用頻度などに合わせて自由にサイズを選ぶことができる。同社では、インターホンや表札などと宅配ボックスを組み合わせた「機能ポール フレムス」も提供している。

三協立山・三協アルミ社では「宅配ボックス フレムス」にミドルタイプ、ハーフタイプ、スリムタイプの3種類を用意。ミドルタイプなら幅340mm、高さ500mm、奥行き360mm、重量20kgまでの荷物を受け取ることができる

一方、宅配ボックスの課題の一つに、一度荷物を受け取ると居住者が取り出さない限り次の荷物を受け取ることができないという点がある。インターネット通販などを頻繁に利用する人などにとっては、結局2つ目以降は再配達となってしまう。

そのような問題を解決してくれるのが、日本宅配システムが販売している「コンピュータ制御式戸建て用宅配ボックス N K 」だ。幅4 0 5 mm、奥行き5 0 0 mm、高さ170mmのボックスと、幅405mm、奥行き500mm、高さ600mmのボックスが2つ標準装備されている。ボックスが一つの「コンピュータ制御式戸建て用宅配ボックス NKH」では幅4 05 mm、奥行き3 1 0 mm、高さ600mmのサイズの宅配物を受け取ることが可能だ。

「これだけ大容量の宅配ボックスなら宅配物の約9割は受け取ることができる」(日本宅配システム)。

宅配ボックスに荷物を入れ、宅配業者に連絡することで荷物の発送も可能となる。

日本宅配システムの「コンピュータ制御式戸建て用宅配ボックス NK」
日本宅配システムの「コンピュータ制御式戸建て用宅配ボックス NK」には幅405mm、奥行き500mm、高さ170mmのボックスと、幅405mm、奥行き500mm、高さ600mmのボックス2つを装備。複数個を受け取ることが可能だ

ユニソンの「ヴィコDB」は、3辺の合計が120cmで重量20kgまで受け取ることができる。2014年に発売した郵便ポストと宅配ボックスが一体となった「コルディア」でも、3辺の合計が80cmで重量10kgまで受け取れる宅配80サイズと、3辺の合計が100cmで重量20kgまで受け取れる宅配100サイズを提供。こちらは、家族構成や生活スタイルに合わせて専用の門柱ユニットによって宅配80サイズと宅配100サイズの2つを取り付けることもできる。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

Presented by ナスタ

2021.11.8

これまでにない便利な宅配ボックス「プチ宅 デジタルキータイプ」

プチ宅シリーズに、アナログキータイプの手軽さで、前入れ・後ろ出しを可能にした新商品が登場

2021.7.8

マンション共用部への新サービスの提案相次ぐ

コロナ禍で目線を変えればビジネスチャンスの場に

2021.6.21