首都圏の既存マンションの成約件数が過去最高 昨年に続き新築の供給戸数を抜く

新築から既存市場への転換が鮮明に

  


首都圏の既存マンションの成約件数が3年連続で上昇し過去最高となったことが東日本レインズの調査で分かった。また、2年連続で新築の供給戸数を抜き、首都圏のマンションに関しては既存住宅市場の勢いが増している。

* * *

(公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の調査によると、2017年の首都圏における既存マンションの成約件数は3年連続増の3万7329件で前年比0.4%増となり過去最高を更新した。前年の調査では13年の3万6432戸を超え過去最高だったが、今回はそれを抜いた。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース