建材 |  2018.1.31

樹脂サッシ工業会、リサイクル樹脂サッシの実証実験開始 

将来を見据えた資源の有効活用へ リサイクル樹脂サッシの普及を推進

樹脂サッシ工業会は、塩ビ工業・環境協会とのワーキンググループの活動の一環としてリサイクル樹脂サッシの実証実験を開始した。リサイクル樹脂サッシを製造し、北海道にある既存建築物に取り付けて経過観察を行う。リサイクル樹脂サッシの製造フローが構築できれば、樹脂サッシの多くが埋め立てられている現状を打破できる。限りある資源の有効活用へ期待がもてそうだ。


樹脂サッシ工業会は「塩ビサッシリサイクル合同ワーキンググループ」の活動の一環として、リサイクル樹脂サッシを製造し既存建築物に取り付けて経過観察を行う実証実験を開始した。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

Housing Tribune |  2019.11.22

ハウジング・トリビューン Vol.589(2019年22号)

住宅の外観・内装が対象に 改正意匠法がもたらす変革

Housing Tribune |  2018.1.26

ハウジング・トリビューン Vol.550(2018年2号)

シンクタンクに聞く 展望 2018年の住宅マーケット