機能や技術、効率からではなく人間と暮らし中心のデザインを

シリコンバレーの企業が重視していることで知られる「デザイン思考」。機能や技術、効率といった観点からではなく、ユーザーである人間の側からモノやサービスを考えていく。日本でも注目されており、異業種の企業が連携して暮らしへのIoTの導入を目指す「コネクティッドホームアライアンス」でも取り入れていこうとしている。デザイン思考とはどういうものなのか、同アライアンスでデザインディレクターを務めるフラワー・ロボティクスの松井龍哉代表に聞いた。

1969年、東京生まれ。1991年に日本大学藝術学部卒業後、丹下健三・都市・建築設計研究所を経て渡仏。科学技術振興事業団にてヒューマノイドロボット「PINO」などのデザインに携わる。2001年フラワー・ロボティクス社を設立し、ヒューマノイドロボット「Posy」「Palette」などを開発。現在、自律移動型家庭用ロボット「Patin」を開発中。iFデザイン賞、red dotデザイン賞など受賞多数。日本大学藝術学部客員教授、グッドデザイン賞審査委員(2007五〜2014年)。2017年からは異業種が連携して暮らしへのIoTの導入を目指す「コネクティッドホームアライアンス」のデザインディレクターを務める。

――松井さんは異業種連携で暮らしへのIoTの導入を目指している「コネクティッドホームアライアンス」でデザインディレクターを務めておられます。同アライアンスでは、松井さんのデザイナーとしての観点を取り入れていきたいと考えているようです。最近、「デザイン思考」という名で呼ばれるデザイナー的な観点というのは、どういったものなのでしょうか。

デザイン思考やデザイナー的な観点というのは、機能や技術、効率性からではなく、人間の側から物事を考えていこうとする姿勢のことを言います。

モノづくりだったら、どうすればストレスなく快適に利用できるかといったことをユーザーである人間の側から見定めて、そのアイデアを製品に落とし込んでいく。(筆者のノートPCを指して)例えば、あなたが今叩いているAppleのノートPCのキーボードはデザイン思考を実践している例のひとつです。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
このエントリーをはてなブックマークに追加