住宅 |  2017.7.28

本格化するのか!? 戸建住宅向け積立金制度

メンテナンス資金の確保を支援し、生涯顧客化を促す

戸建住宅オーナーに向け、 メンテナンス やリフォームのための資金の積立をサポートするサービスの提供が活発化している。住宅保証機構はアフターメンテナンス事業を行う日本リビング保証と共に「まもりすまい ロングサポートシステム」の提供を開始。将来必要な住宅のメンテナンス費用を電子マネーで積立て、確実なメンテナンスの実施を支援する。メンテナンス資金などの積立サポートについてはヤマダ・エスバイエルホームや日本住宅保証検査機構もサービスの提供を始めており、住宅業界で広がりを見せている。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目