創立50周年記念商品「CENTURY Primore(センチュリー・プリモア)」を4月22日に発売した。

「CENTURY(センチュリー)」は同社の木質系工業化住宅で最上位に位置付けられるブランド。同社独自の木質パネル接着工法を採用する。枠材と面材を強固に接着して強度を高めた木質パネル同士を高分子接着剤で面接合。さらにスクリュー釘や接合金物で入念に接合し、床面・壁面・屋根面からなるモノコック構造を形成する工法だ。断熱性、耐震性の高さに定評がある。

「ZEHへの対応や耐震性の向上が求められるなかで、さらなる性能向上に向け、今回、センチュリーの躯体を見直した」(取締役 常務執行役員 作尾徹也氏)としている。

新構法「センチュリーモノコック」を開発した。従来の木質パネル接着工法では90mm厚の木質パネルを使用するが、「センチュリーモノコック」では120mm厚の壁パネルを採用。さらに、木質パネル同士の接合部や、構造体と基礎の接合部を強化した高耐力仕様も標準採用した。

「センチュリー・プリモア」の外観。深い軒や外壁タイルが生み出す陰影が落ち着きと重厚感を与える

「センチュリーモノコック」の採用で、断熱性能と耐震性能を高めながらも、開放感のある大開口・大空間を実現

「センチュリー・プリモア」にはミサワホーム独自の大収納空間「蔵」も設置できる

潜熱蓄熱材を組み込んだ「蓄熱床」を採用。昼間の日射や暖房による熱を蓄熱し、夜間に放熱。冬期の朝でもLDKの室温を18℃以上に保つ

UA値0・50以下を容易に達成 耐震等級3も確保

「センチュリーモノコック」では120mm厚のパネルを採用することで、グラスウール断熱材を従来の90mm厚から100mm厚で充填できるようになった。さらに、細繊維化を図ったハイグレードのグラスウール断熱材を採用。従来の90mm厚のパネルと比べ断熱性能を約27%高めた。

加えて、オリジナルの高断熱なアルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」(アルゴンガス入りLow‐E複層ガラス)または樹脂サッシ(トリプルガラス)を標準採用。どちらもU値1・90W/㎡・K以下の優れた断熱性能を発揮する。この結果、最大約5・4メートル幅の大開口や約3メートルの高天井を実現しながらも、UA値0・50以下を容易に達成できるという。ZEHの強化外皮基準で4地域以南に求められる0・60を大きく上回る。同社の平均的なZEH仕様の住宅に比べて開口比率を2倍にしても、UA値0・60を確保できるという。

120mm厚の木質パネルや高耐力の接合技術を用いることで強固な構造体を実現。耐震性能も同社の通常仕様の住宅に比べて約1・3倍高めた。

「住宅性能表示制度で最高等級の耐震性能を確保しながらも、大開口・大空間の設計を可能にした」(同)としている。

「センチュリー・プリモア」では新たに「蓄熱床」も採用した。潜熱蓄熱材を組み込んだ床材で、昼間の日射や暖房時の熱を蓄え、夜間にゆっくりと放熱する。冬期、20℃以上でエアコンを使用し、就寝時にエアコンを切った場合、通常の床材を使用した住宅であれば朝には16℃程度に室温が下がっている。断熱性能に優れる「センチュリー・プリモア」ではLDKに「蓄熱床」を採用することで、朝でも19℃程度を維持するという。

今年4月に発売したIoTを活用したライフサービス「LinkGates(リンクゲイツ)」も提供する。住宅内の情報家電・電子機器類をネットワークでつなぎインターネット回線を使ってデータをやりとりできるホームゲートウェイと、温湿度センサーやコントローラーを組み合わせたもの。生活データを蓄積・分析し、省エネ・安全・安心・快適な生活をワンストップで提供する。エネルギーの見える化や最適制御だけでなく、室内温度・湿度を測定し、熱中症の危険を知らせる熱中症アラートや、外出先からエアコンや電動シャッターなどを遠隔操作することも可能だ。日々の健康な暮らしをサポートする。

室内空気質の改善にも取り組んだ。壁や天井にホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどを吸着・分解する機能を持つ高機能石膏ボードを採用。その上に通気性のクロスを貼ることで、化学物質の室内濃度が厚生労働省指針値の3分の1以下になることを実証した。

高付加価値商品として単価アップ狙う

同社では、基本性能を高めたうえ新機能も付与し、快適で安全、健康に配慮した『センチュリー・プリモア』を、富裕層を中心に提案していく方針だ。同社の注文住宅の平均販売単価は2016年度中間期で2736万円。

「『センチュリー・プリモア』を高付加価値商品として訴求し、棟単価アップに貢献したい」(同)としている。

価格は標準的なプランで坪あたり60万円程度~。モデルプラン(74︲2RSE、2階建、延床面積243㎡)の場合、本体参考価格は7826万円で、坪あたり100万円を超える。

「3大都市圏を中心に高額商品として受注獲得を図りたい」(同)としている。

2019年度でセンチュリーブランド全体で1000棟の販売を目指す。

#
このエントリーをはてなブックマークに追加