2016.12.9

ハウジング・トリビューン Vol.527(2016年23・24号)

2016年 住宅産業重大ニュース

浮かび上がる2017年への予兆を探る

2016年も間もなく終わろうとしている。
振り返るとこの1年、住宅産業界では様々な出来事が起こった。

とくに4月の熊本地震の発生は記憶に新しいだろう。新耐震基準以降の建物にも被害が拡大した。
一方、新たな住生活基本計画が策定され、若年層対策など今後10年の住宅施策の方向性が示された。
2017年4月に予定されていた消費税10%への引き上げが延期され、駆け込み需要は発生しなかったが、日銀のマイナス金利導入もあり、新築市場は好調に推移した。

ハウスメーカーでは海外事業の好調さも目立った。
国が宅建業法の改正や空き家対策など打ち出すなか、ストック市場への転換も鮮明になってきた。

一方で、拡大が期待されているリフォーム市場には停滞感も見られる。
地球温暖化問題に関しては、2015年に世界の国々によって採択された「パリ協定」が発効。
日本では2030年までに2013年比で26%のCO2を削減する約束を果たすためにも、ZEHの普及拡大が求められる。
電力自由化で新電力の参入が相次ぐなど、エネルギーを取り巻く環境も大きく変わった。

2016年は住宅政策や産業の変革をもたらすような出来事が相次いだ1年だった。
その意味で2017年は住宅産業の様々な分野で、新局面、新展開が見られそうだ。

ハウジング・トリビューン Vol.527(2016年23・24号)

発行元:創樹社  在庫がありません

創樹社ONLINE SHOPで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

仕組みが変わる時

2016年 住宅産業 重大ニュース
浮かび上がる2017年への予兆を探る
熊本地震が発生 新耐震以降の建物にも被害拡大
新住生活基本計画がスタート 新たな住宅双六を構築
消費税引上げ延期 マイナス金利で好機到来
賃貸住宅が市場をけん引 相続税改正と低金利で活況続く
リフォームで相次ぐ新戦略 価格の明瞭化やネットリフォームなど
パリ協定、正式発効へ ZEHビルダー登録制度などがスタート
電力全面自由化が開始 切り替えに足踏みも
ハウスメーカーの海外事業が好調 育成事業から収益事業へ
CLTの告示などが施行 中高層木造市場整備がさらに進む
宅建業法が改正 建物検査の説明を義務化
空き家活用ビジネスが活発化 賃貸や民泊などへの活用を推進
建築労働者不足が深刻化 職人の高齢化が加速

TOPICS&NEWS

林野庁、クリーンウッド法の基本方針案を検討
G空間情報プラットフォームの提供を開始
ミサワホームがトヨタホームの子会社に

連載

ハウジング・ラボ 旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ
「デュポン タイベック シルバー 防蟻防腐剤対策品」

NECライティング 「GRAND QUALITY(グラン・クオリティ)」シリーズ
LED照明が"Wのあんしん"を住まいにもたらす

"スーパー鋼板"で進化する金属屋根材
高付加価値化に拍車 訴求力が大幅アップ

CLOSE UP

ナイス 本格和風住宅の菊池建設を子会社化 木造建築事業を強化へ
旭化成ホームズ 旭化成住工
へーベルハウスの品質向上に向け部材製造の自動化や内製化などを推進

INTERVIEW

積水ハウス 常務執行役員 環境推進部長 兼 温暖化防止研究所長 石田建一 氏
パリ協定によって新たな事業リスクとビジネスチャンスが生まれる

PICK UP

さいたま市・埼玉県住まいづくり協議会
さいたま市で低炭素型の災害に強いコミュニティタウンを開発

Channeling Data

厚生労働省「平成27年 国民健康・栄養調査」
うるる「平成28年 空き家バンク運営実態調査」

FLASH

ポラスグループ 中央住宅 パッシブ型の分譲地が埼玉県のモデル事業第一号に
飯田グループホールディングス 分譲住宅で付加価値提案をスタート
アールシーコア 新施策の実施で将来に布石 営業体制、生産性などを革新
AGC旭硝子 軽量内装用カラーガラスを開発