ハウジング・トリビューン Vol.508(2016年2号)

一億総活躍社会の実現で脚光 今、気になる" 近居 "

  


親世帯と子世帯が適度な距離を保ちながら助け合って暮らす”近居”という居住スタイルにスポットライトが当たっている。

安倍政権も「一億総活躍社会」の実現に向け、「新・三本の矢」のひとつに子育て支援をあげ、世代間の助け合いにより子育てしやすい環境を整備するため、三世代同居とともに、近居を促進することを強く打ち出した。

近居には様々なメリットがあり、子育てや高齢化、災害といった社会問題を解決する糸口になる可能性もある。

住宅業界にとって、近居が住まいやまちづくりを行ううえで重要なキーワードになりそうだ。

目次

HTʼS EYES

解消される情報の不平等感
地域再生にも近居が一役

一億総活躍社会の実現で脚光
今、気になる“近居”

TOPICS&NEWS

インスペクションの実施状況を重説項目に追加
国交省、団地の建替え基準緩和へ
レインズに新機能を付与 売主が取引情報を確認可能に
国交省、ホームエレベーターの設置基準を緩和
激化するハウスメーカーのZEH提案
LIXILグループ、社長交代へ

2016年度 関係省庁予算
三世代同居、空き家、サ高住、ZEH、賃貸の省エネ化など
新たな住生活関連施策が明らかに

ノダ 国産ヒノキを活用したフロアの販売を強化

軒ゼロ住宅で高まる漏水結露リスク
メーカー各社の対策商品に脚光 売れ行きも好調

CLOSE UP

中央住宅 商圏拡大へ、朝霞営業所を開設 新ブランドを掲げて東武東上エリアを開拓

高性能窓の開発競争が激化
ワンランク上の住まいづくりの必須アイテムに

Channeling Data

東京ガス「『電力自由化』に関する意識調査」
ブラック・アンド・デッカー「『DIY』に関する調査」

FLASH

トヨタホーム プレハブ業界5指入りへ、ブランド力、商品競争力を強化
細田工務店 東京杉並区で「認定低炭素住宅」のまちづくり
高砂建設 モデルハウスを使った体感キャンペーンを強化
TOTO システムバス・洗面をモデルチェンジ
ハウスプラス住宅保証 適合証発行後もビルダーの長期優良住宅を支援
Houzz Japan 理想の住空間をイメージできるサービス開始
(一社)日本建材・住宅設備産業協会 中古住宅市場活性化へ取組み強化

関連記事

住まいの最新ニュース