2015.11.13

ハウジング・トリビューン Vol.504(2015年21号)

地方創生の切り札となるか 超高齢化時代の新たな暮らし像 動き出すCCRC

日本が世界に類を見ない超高齢社会を迎えているなかで、高齢期を豊かに過ごす環境の整備が求められている。
人口減少による地方の活力低下や急速に進む東京圏の高齢化も大きな課題だ。

そうしたなか地方創生の切り札として登場したのが CCRC。
高齢者が健康時から移り住み、介護・医療が必要になる時期まで継続的なケアや生活支援サービスなどを受けながら、生涯学習や社会活動などに参加し、暮らしていくことができるコミュニティだ。

国は日本版CCRC構想を地方創生の主要施策のひとつに位置付け、有識者会議を設置、実現に向け検討を進めている。
ただ、CCRCについては明確な定義がなく、従来のリタイアメント・コミュニティとどう違うのかわかりにくいという指摘もある。

そこで、有識者会議がとりまとめた構想中間報告や、先進的な事業者による事例を通して、日本にふさわしいCCRCの具体像を明らかにしていく。

Housing Tribune vol.504

ハウジング・トリビューン Vol.504(2015年21号)

発行元:創樹社  在庫がありません

創樹社ONLINE SHOPで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

ZEHの第一印象

地方創生の切り札となるか 超高齢化時代の新たな暮らし像
動き出すCCRC

TOPICS&NEWS

国交省、既存長期優良住宅で基準案を公表
経産省・総務省、IoTで産官学のコンソーシアム発足 先進モデル事業創出へ
東京都が東京にふさわしい地域包括ケアを検討
学研ココファングループが医療分野に進出 サ高住を拠点に訪問看護サービスを提供
パナホーム、木造住宅を本格展開へ
中大規模木造の設計者を育成する会が発足

エネマネハウス2015
エネルギー、ライフ、アジアをテーマに先進技術や新たな住まい方を提案
5大学の学生が考える 将来の家

PICK UP

YKKファスニングプロダクツ販売
ファスナーの用途拡大へ 住宅分野で新提案

建材・設備メーカーのリフォーム戦略最前線
需要の深耕に向けた次の一手とは

リフォーム提案強化へ 各社のおすすめ商品70アイテム

連載

ハウジングラボ エイブル「allglass(オールグラス)」

FLASH

ポラスガーデンヒルズ 柏の葉エリアで全100棟の戸建分譲プロジェクト
細田工務店 スマートハウスの開発へ専門商社の伯東と提携
LIXIL 「風」を創出し洗濯物の乾きを促すテラス囲いを開発
エクセルシャノン 国内最高クラスの断熱性能をもつ樹脂サッシを開発
ナイス スマートウェルネス住宅の体験棟を建設
朝日ウッドテック リフォーム店、工務店などを対象にリノベフェアを開催