グリーン住宅ポイント、追加工事への交換なら早めの契約が必要に

住団連も住宅取得支援策の期限について注意喚起

最大100万円相当のポイントを獲得できるグリーン住宅ポイント制度が、追加工事にポイントを利用する場合、早めの検討を進めることが求められそうだ。

一定の省エネ性能を備えた住宅の新築、もしくはリフォームや既存住宅の購入を対象として、ポイントを付与するグリーン住宅ポイント制度。

令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した一定の省エネ性能を有する住宅の新築、もしくはリフォームや既存住宅の購入を対象として、ポイントを還元する。

住宅の新築の場合、国の省エネ基準に適合する住宅なら1戸当たり30万ポイント、長期優良住宅などの認定を取得した住宅であれば40万ポイントを付与する。加えて、特例措置もあり、①東京圏から移住するための住宅、②三世代同居仕様である住宅、③多子世帯(18歳未満の子どもが3人以上)が取得する住宅、④災害リスクが高い区域から移住するための住宅という要件のうち、いずれかに当てはまる場合、省エネ基準に適合する住宅で60万ポイント、長期優良住宅の認定を取得した住宅などで100万円相当のポイントが与えられる。施主に非常に大きなメリットをもたらす支援策である。

また、獲得したポイントを追加工事に利用することも可能だ。ポイントを利用できるのは「新たな日常」に関係する工事に限られているが、その範囲はワークスペースの設置や音環境の向上、空気環境向上工事、菌・ウイルス拡散防止工事、家事負担軽減に貢献する工事など非常に幅広い。それだけに、追加工事にポイントを利用したいところだが、スケジュール的に厳しい状況になりつつある。

先述したように、令和3年10月31日までに契約を締結した場合がポイントの付与対象となるため、契約までにはまだ余裕があるように思えるが、例えば新築の場合でポイントを追加工事に利用する際には、令和4年1月15日までに完了報告を行う必要があるからだ。

(一社)住宅生産団体連合会では、グリーン住宅ポイント制度などの住宅取得支援策の期限に関するプロモーションツールをホームページで公開した。それによると、例えば住宅取得の検討開始から引渡しまでに合計9~10カ月かかるとすると、令和4年1月15日までに完了報告を行うためには、令和3年4月、遅くとも令和3年5月には検討を終え、契約を行う必要があるとしている。

住団連が公開した資料

引渡しまでの期間については、工法などによっても異なるが、グリーン住宅ポイント制度のメリットを最大限に利用するためには、早めに検討を進めておく必要があることは間違いないだろう。

ハウジング・トリビューン編集部では、追加工事に利用可能な商品カタログを公開しています

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.618(2021年7号)

特集:

SDGs、脱炭素達成に向け脚光

国産材を取り巻く環境は近年、劇的に変化している。
伐採期を迎えた国産材を積極的に活用しようという機運が高まり、また、SDGs、脱炭素といった観点からも国産材に脚光が集まる。
さらに、新型コロナ感染拡大の影響で、外材の輸入が滞り、外材が高騰、不足する逼迫した状況の中で国産材へのシフトが加速する。
こうした中で、持続可能な形で国産材活用を推進していこうとする住宅事業者などの取り組みも活発化しつつある。

目次を見る

関連記事