お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2017.3.17

現場発泡断熱材が躍進 性能・施行品質の向上で競争力増す Part 2

熱伝導率0.026W/m・Kの優れた断熱性能を発揮

ダウ化工は昨年4月に「スタイロスプレーフォーム R」を発売し、現場発泡断熱材分野に参入した。HFOを発泡剤に採用し、発泡倍率を抑えて高密度化を図った。JISA 9526のA種1Hに相当し、熱伝導率0.026W/m・K以下の優れた断熱性能を発揮する。

同社は押出発泡ポリスチレン断熱材では40%のシェアを持つ国内最大手。住宅分野でも外張断熱工法により「スタイロフォーム」を展開している。

ただ、ZEHなど高断熱な住まいづくりが求められるなか、外張断熱工法による「スタイロフォーム」だけで性能を高めようとすると、断熱材が厚くなり、敷地面積に影響してしまう。

リフォーム市場の拡大が見込まれるなか、スタイロフォームのようなボードタイプの製品では施工が難しい場面も出てきていた。例えば、既存住宅の天井などの断熱施工では現場で吹付ける現場発泡断熱材の方が施工しやすいという。
同社では、まずはZEHなどの高性能住宅に取り組むビルダーなどに、優れた断熱性能を発揮する「スタイロスプレーフォーム R」の提案を進めていく方針だ。

同社によると、発泡剤にHFOを採用することで断熱性が高まるだけでなく、湿気も通しにくくなるという。

水を発泡剤とした従来品(A種3)の場合、断熱材内部の結露防止のため、室内側に防湿シートなどを施工する必要があるが、「スタイロスプレーフォーム R」は湿気を通しにくいため、この工程を省くことができ、施工を簡略化できる。

スタイロフォームによる外張断熱工法の展開で、壁体内結露の対策も含め高気密・高断熱住宅の知見やノウハウを蓄積していることが当社の強み。スタイロスプレーフォームRの提案に活かしていきたい考え。

昨年秋にHFOを発泡剤に用いた「フォームライトSL‐50α」を発売したのがBASF INOAC ポリウレタンだ。

従来の水を発泡剤に使用した商品「フォームライトSL‐100」と比べ発泡倍率も抑え高密度化したことで、断熱性能は35%向上。JISA 9526のA種1Hに相当し、熱伝導率0.026W/m・K以下の性能を持つ。

戸建住宅向けとして「S L-100」とともに展開。「SL‐50αは、ZEHなど高性能住宅に向けて提案していきたい」(フォームシステム 第1事業本部 スプレー事業部 西日本営業課 安形紀人課長)としている。

現場発泡断熱材のマーケットが拡大する一方で、原液メーカー間の競争も激しくなっている。

「価格競争に陥らないためにも、他社との差別化が図れる高性能なSL‐50αなどの付加価値の高い商品の提案に力を入れていきたい」(同)としている。

日本アクアも水を使って発泡させる「アクアフォーム」(A種3)に加え、HFOを発泡剤に採用した「アクアフォームNEO」(A種1H)を開発。熱伝導率0.026W/m・K以下という優れた断熱性能を発揮する。
「木造住宅でも広く採用頂けるように、防火認定についても先駆けて取得している」(大森課長)としている。

ウレタンフォームの総合メーカーであるアキレスも、HFOを採用した「アキレス エアロン FR‐FO」(A種1H)をRC造建築物向けに展開している。熱伝導率0.026W/m・Kの高性能を発揮する。木造住宅向けには水を発泡剤とする「アキレス KHフォーム」(A種3)を販売しているが、「今後、HFOを採用した高性能品を木造住宅向けに投入することも検討している」(断熱資材販売部 販売二課 内田清治課長)という。

「ボードタイプと現場発泡の両方を取り扱っているメーカーとして、付加断熱を積極的に提案していきたい」(同)としている。そのためにも、木造住宅向けにHFOを採用した高性能品を投入したい考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事