行政 |  2020.4.20

持続化給付金の概要が公表 中小事業者を対象に200万円給付

50%以上の売上減を要件に

経済産業省は、緊急経済対策に盛り込まれた持続化給付金の概要を公表した。新型コロナウイルスの影響により、売上が50%以上減少した中小事業者に200万円を給付する。

持続化給付金は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、売上が50%減少した法人や個人事業者に給付金を支給するもの。2020年1月~2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少した月を事業者が選択し、申請を行うことができる。給付額は法人が200万円で、個人事業者が100万円。ただし、前年度の売上からの減少分が上限となる。

補正予算の成立後、1週間程度で申請受付を開始し、電子申請であれば申請後、2週間程度で給付が行われる見込みだ。