住宅用建材・設備の情報サイト「スマテリアル」は「3Dカタログ.com」と連携します

創樹社が運営する住宅用建材・設備の情報サイト「スマテリアル」は、2019年12月20日から、福井コンピュータアーキテクトが提供する「3Dカタログ.com」との連携を開始します。

今後、「3Dカタログ.com」、「スマテリアル」双方に掲載されている建材・設備商品について相互にリンクを行うことで、付加情報を簡単に入手できる環境を整備していきます。


3Dカタログ.comについて

福井コンピュータアーキテクトが提供する「3Dカタログ.com」は国内主要メーカー最大級 約200社、製品数5,200シリーズにのぼる豊富な建材、住設機器、インテリア製品の3Dデータを誰でもWEB上で閲覧でき、実際に施工した場合の完成イメージの確認や、建材・住宅設備機器の選定が可能な3Dシミュレーションサイトです。

また、3Dカタログ.com連携対応CADでは、3Dカタログ.comサイト上でシミュレーションした建材・設備データをCADに配置することができます。

配置した建材・設備データは、各種図面やプレゼン資料、積算などに連携します。

「3Dカタログ.com」公式サイト

福井コンピュータアーキテクト 公式サイト


スマテリアルについて

住宅用建材・設備の情報サイト「スマテリアル」は、住生活産業総合誌である「ハウジング・トリビューン」の担当記者が、取材を通して得た情報を交えながら、住宅用建材・設備の特徴などを紹介するものです。専門誌ならではの第三者性、客観性を活かし、こだわりポイントや社会性を解説します。より豊かな住まいを実現するための建材・設備選びの参考にして下さい。また、住宅会社様がお客さまへの提案活動を行う際に、ご採用する建材・設備などの説明資料の作成などにもご活用いただけます。

住宅用建材・設備の情報サイト「スマテリアル」


Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.618(2021年7号)

特集:

SDGs、脱炭素達成に向け脚光

国産材を取り巻く環境は近年、劇的に変化している。
伐採期を迎えた国産材を積極的に活用しようという機運が高まり、また、SDGs、脱炭素といった観点からも国産材に脚光が集まる。
さらに、新型コロナ感染拡大の影響で、外材の輸入が滞り、外材が高騰、不足する逼迫した状況の中で国産材へのシフトが加速する。
こうした中で、持続可能な形で国産材活用を推進していこうとする住宅事業者などの取り組みも活発化しつつある。

目次を見る

関連記事

どうなる2021年の住宅マーケット⑤

コロナ対策市場 / 住宅生産合理化・省施工化市場 / 防災市場 / シェアリングエコノミー市場

木造住宅にDXの波

データ連携で業務改革