住まい価値総合研究所、見学会「地域を元気するまちづくりを見に行こう! エンジョイワークスが進めるプロジェクトの実態とは」を開催

創樹社が主宰する住まい価値総合研究所は、2019年6月13日、「スマカチ見学会『地域を元気するまちづくりを見に行こう! エンジョイワークスが進めるプロジェクトの実態とは』」を開催した。

空き家問題が深刻化する一方で、遊休資産化した空き家を有効活用することで、地域に活力をもたらそうという動きをする企業が全国で登場してきている。その先駆者がエンジョイワークス。

2017年12月に不動産特定共同事業法が改正され、新たに小規模不動産特定共同事業という枠組みが創設された。エンジョイワークスでは、この小規模不動産特定共同事業の許可を全国で初めて取得。不動産特定共同事業のスキームも活用しながら、まちづくり“参加型”クラウドファンディングサービス「ハロー!RENOVATION」を展開している。

「古い蔵」を1日1組限定の「泊まれる蔵」にリノベーションしたホテル「The Bath and Bed Hayama」
sumakachi logo

住まい価値総合研究所(スマカチ総研)はハウジング・トリビューンなどを発行する(株)創樹社の30周年事業として、住まいや住生活にかかわる幅広い業種の企業が集まって2014年にスタートしました。関連行政機関や団体、学識経験者、メディアなどの協力を得て、さまざまな視点から住まいや住生活に関する研究活動に取り組んでいます。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.626(2021年17号)

特集:

木促法改正で市場拡大に期待

利用期を迎えた国内の森林資源の活用、また、SDGs、脱炭素化といった観点から、木造建築推進の機運が高まっている。
2021年6月には、公共建築物木造利用促進法(木促法)が改正され、脱炭素社会の実現に向けて、一般建築も含めて、木造化を推進していく方針が打ち出された。
市場拡大への期待が高まる中で、事業者の動き、木造建築を建てやすくする技術開発が加速する。
中大規模木造市場攻略のポイントはどこにあるのだろうか。

目次を見る

関連記事