インフォウォール

ディスプレイ機能を持つ壁材を開発 デジタル伝言板などとして活用可能

  


凸版印刷はディスプレイと化粧シートを組み合わせ、住空間において家族や地域の情報を受信・表示できる壁材、インフォウォールを開発した。2019年夏から販売する。

建装材に各種センサーなどIoT機器を組み合わせることで、居住者の見守りなどの社会課題解決に貢献するまったく新しい建装材を提供する「トッパン IoT 建材」事業シリーズの新商品。ネットワーク経由でクラウドサーバから取得した家族のスケジュール・メッセージや、天気などの地域情報を表示する機能を持たせた。

■商品情報

商品名:インフォウォール
価格 約100万円~(※2000㎜×1000㎜サイズの壁材の提供価格、設備費用・システム構築費などは別途見積)
発売:凸版印刷(03-3835-5111)
ハウジング・トリビューン Vol.570 (2019年1号)に掲載

関連記事