【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

ZEH Oriented

ぜっちおりえんてぃっど

環境省が2018年度予算で実施予定のZEH支援事業で補助対象に新たに加えられるZEH。太陽光発電等の再生可能エネルギー設備の搭載を要件に求めない。都市部狭小地(北側斜線制限の対象となる用途地域で、敷地面積が 85㎡未満である土地)に建築される平屋以外の住宅とする。環境省ではZEH Orientedの創設で従来よりもZEHの要件に柔軟性を持たせ、補助の申請をしやすいようにしたい考え。

このキーワードを含む記事

2022.7.11

フラット35S ZEHの基準まとまる

ZEHへの金利優遇が10月にスタート

2022.6.30

[堺市]域内建築をゼロエネルギー化

脱炭素でニュータウンの魅力向上

2022.5.2

賃貸住宅のZEH対応強化の動きが加速

Housing Tribune Weekly Vol.581

得する住宅2022

省エネ、災害対策、子育て支援…これからの住まいの姿を目指す支援策