トレーラーハウス

とれーらーはうす

車輪が付いた家で、自動者で牽引することで移動できる。ただし、日本では、建築基準法上は建築物ではなく、あくまで車両の扱いである。このため、固定資産税が掛からず、建築物の建てられない場所でも設置可能であり、電気やガスなどの配線・配管についても敷設できるなどの特徴がある。今改めて注目が集まっており、事業への参入する事業者が相次いでいる。テレワークなどのコロナ禍で変化する社会状況に対して、新たな提案を行っている。

このキーワードを含む記事

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.626(2021年17号)

特集:

木促法改正で市場拡大に期待

利用期を迎えた国内の森林資源の活用、また、SDGs、脱炭素化といった観点から、木造建築推進の機運が高まっている。
2021年6月には、公共建築物木造利用促進法(木促法)が改正され、脱炭素社会の実現に向けて、一般建築も含めて、木造化を推進していく方針が打ち出された。
市場拡大への期待が高まる中で、事業者の動き、木造建築を建てやすくする技術開発が加速する。
中大規模木造市場攻略のポイントはどこにあるのだろうか。

目次を見る

関連記事