電動キックボード

でんどうきっくぼーど

ハンドル付きの電動立ち乗りマイクロモビリティ。海外では既にシェアリングサービスとして普及している。最高時速は20㎞程度で、徒歩だと少し遠いと感じる距離の移動に最適。気軽、コンパクト、安全、IoTといった特徴を持つ。日本では原付扱いになるため、原付免許の所持、ヘルメットの着用などを行わなければ公道を走ることはできないが、一般的に利用できるよう、実証実験が進められているところだ。

このキーワードを含む記事

ハウジング・トリビューンVol.595(2020年5号)
2020.3.13

ハウジング・トリビューン Vol.595(2020年5号)

次世代モビリティサービスが与える社会課題へのソリューション

2020.2.14

ハウジング・トリビューン Vol.593(2020年3号)

住宅産業を革新するBIMの可能性

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.608(2020年20号)

特集:

データ連携で業務改革

木造住宅の分野で、住宅データを連携させ、構造図作成、プレカット図作成、さらに構造計算、積算・見積といった業務効率を格段に高めるソリューション提案が活発化している。住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえる波は、ビルダー、建材流通事業者、プレカット工場など、多岐にわたる関係者にどのような影響をもたらすのか。単に生産性向上にとどまらず、新たな価値の創出、競争力強化といった効果も期待できそうだ。

目次を見る

関連記事