キーワード  | 2019.9.27

仮想蓄電サービス

かそうちくでんさーびす


国の固定価格買取制度(FIT)で太陽光発電の余剰電力の買取期間が終了する「卒FIT世帯」向けのサービス。電力会社は系統電力契約を結んだ卒FIT世帯の余剰電力を自社の送配電線に流し、近隣世帯への電力供給に活用。送配電線に流した電力量に応じ、系統電力の電気料金を割り引く。電力会社が余剰電力を一時的に預かり、必要なときに引き出すというイメージで訴求しているため仮想蓄電サービスと呼ばれている。


このキーワードを含む記事

関連記事