将来的に放置されていくことが予想される土地の管理のあり方

しょうらいてきにほうちされていくことがよそうされるとちのかんりのありかた


国土交通省の国土審議会計画推進部会国土管理専門委員会が2016年から検討している、人口減少下での持続可能な国土の利用・管理を推進するための方策の在り方を「2019年とりまとめ」として提言した。高齢化などで将来的に住む人がいなくなり、管理できなくなる恐れのある土地について、一定の条件下で事実上の“放置”を認めるというのが柱。国が土地の放置に踏み込む提言をするのは初めて。


住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです