キーワード  | 2019.4.26

住宅会社の余剰電力買い取りサービス

じゅうたくがいしゃのよじょうでんりょくかいとりさーびす

住宅用の太陽光発電設備の固定価格買い取り制度(FIT)が今年11月から順次期間満了を迎える、いわゆる“卒FIT”問題を受け、その後の余剰電力を自社で買い取るサービス。

既に積水ハウスが11月からの開始を表明しており、積水化学工業でも9月から東京電力、中部電力の各エリア内で先行してサービスを提供する。卒FIT対応は住宅業界の社会的な責任との声もあり、今後の他社の動向に注目が集まっている