ジョブ・ローテーション

じょぶ・ろーてーしょん

  


企業において、社員の育成を目的に定期的な異動を行うこと。長期的な視点で社員の能力開発を目指し、様々な業務を経験させる。それによって社員は幅広い視点で仕事ができるようになる。個人の仕事への適正を見極めるうえでも役立つしくみだ。住宅業界でも導入する企業があり、設計部門の社員に、ジョブ・ローテーションとして一定期間、建築現場の業務を経験させている会社もある。