キーワード  | 2016.12.9

地域活性化総合特区

ちいきかっせいかそうごうとっく

地域資源を最大限活用した地域固有の社会問題の解決、地場産業の育成等により地域力の向上を図ることを目的とする特区。このなかで「次世代自動車・スマートエネルギー特区」の指定を受けているのがさいたま市。特区内でスマートホーム普及事業として「浦和美園E-フォレスト」が進んでいる。埼玉県住まいづくり協議会に所属する中央住宅、高砂建設、アキュラホームが低炭素で災害に強く、コミュニティを育むまちづくりに取り組んでいる。