住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業

じゅうたくだんちがたきぞんじゅうたくりゅうつうそくしんもでるじぎょう

国土交通省が郊外団地の流通促進を図るモデル的な取り組みに対して補助を行う事業。モデル事業として認定されると、インスペクションやリフォーム工事の費用についての補助を受けることができる。

今回、パナホームと奈良県河合町が連携し「西大和ニュータウン」の再生を目指す「かわい浪漫プロジェクト」がモデル事業として採択。郊外団地の空き家問題の解決を図っていく先進的な取組みとして注目を集めそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.626(2021年17号)

特集:

木促法改正で市場拡大に期待

利用期を迎えた国内の森林資源の活用、また、SDGs、脱炭素化といった観点から、木造建築推進の機運が高まっている。
2021年6月には、公共建築物木造利用促進法(木促法)が改正され、脱炭素社会の実現に向けて、一般建築も含めて、木造化を推進していく方針が打ち出された。
市場拡大への期待が高まる中で、事業者の動き、木造建築を建てやすくする技術開発が加速する。
中大規模木造市場攻略のポイントはどこにあるのだろうか。

目次を見る