まちづくりの成功事例、成功の秘訣

まちの魅力を"よそ者"の視点で発見

國學院大學に2022年、新しい学部「観光まちづくり学部」が開設された。同学部の学部長、教授で都市計画が専門の西村幸夫氏(工学博士)にまちづくりの成功事例や成功の秘訣を語っていただいた。

──観光客や定住人口の増加など、地方創生、まちづくりの成功事例と、その成功理由について教えてください。

西村幸夫氏
國學院大學観光まちづくり学部 学部長

一つは愛媛県の内子町。伝建地区(伝統的建築物群保存地区)に以前から多くの観光客が訪れていましたが、今はそれだけではなく、周りの商店街や、少し離れた集落でもまちおこしのさまざまな活動が起きたり、移住者が増えたりすることが同時多発的に起きてきました。地域外の若い人たちが移住し、“よそ者の目〟で地域にアドバイスをしています。行政は廃校になった施設を起業の場として、安価に使えるようにもしています。

町全体が以前から、まちづくりを真剣に考えようというスタンスで取り組んできたようです。大きな企業がなかったことも功を奏しているかもしれません。観光に関連した大きな企業があると、そこだけがもうかるのではないかと住民が協力しない傾向がありますが、ここはそうではありません。町全体が一つになって動いています。

また、福井県若狭町は、「鯖街道」という小浜から京都まで続く街道の、小浜の次の宿場「熊川宿」があるところです。小浜で取れた海産物を琵琶湖まで運び、そこから船で大津まで持っていく、という物流の一つの拠点でしたが、今はそのようなことがなくなり、集落もすっかり寂れてしまいました。

ただ、この10年の間に、UターンやJターンの人が増えていきました。地元に帰ってきた建築家が地元の古い大きな建物をコワーキングスペースに改修し、京都からスピンアウトした起業家などを呼び込みました。人が集まった結果、カフェなどの新しい店もできてきました。今までは店がつぶれることがあっても新しくできるなどはありませんでした。今まで考えられなかったことが起きています。

──“よそ者〟を取り込むことが一つのポイントでしょうか。


この記事はプレミアム会員限定記事です。
プレミアム会員になると続きをお読みいただけます。

アカウントをお持ちの方

ご登録いただいた文字列と異なったパスワードが連続で入力された場合、一定時間ログインやご登録の操作ができなくなります。時間をおいて再度お試しください。