【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2022.7.28

「住まい手が参加する住まいと住環境づくりの意味と実践」研究会、シンポジウムで新たな住まいづくりの方向性を示唆

住まい手参加型住まいづくりの価値を説く

「住まい手が参加する住まいと住環境づくりの意味と実践」研究会がシンポジウムを開催した。コロナ禍などで浮き彫りになった住まいや暮らしへの気付きなどを通して、住まい手参加型の住まいづくりの価値を説いた。 コロナ禍を経た住まいへの気づき、考え方を各人が発表した。 「住まい手が参加する住まいと住環境づくりの意味と実践」研究会(住まい手参加研究会)は2018年にアキュラホーム住生活研究所を事務局として発足し…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン