【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2022.6.20

ライフデザイン・カバヤ、CLT利用拡大へ 商品開発を加速

建築家、伊礼智氏とコラボしたCLT住宅

ライフデザイン・カバヤ(窪田健太郎社長、岡山県岡山市)は、住宅・非住宅の分野で、CLTの利用拡大に向け、技術開発、商品開発を加速する。


2022年3月には、建築家の伊礼智氏とコラボレーションした企画型のCLT住宅商品を開発。加盟企業を募り、普及拡大を目指す。

ライフデザイン・カバヤは2017年に大学教育機関や民間企業らと共同で、オリジナル接合金物を用いた独自のCLT工法「LC‐core構法」を開発。壁倍率換算20倍相当の壁耐力を実現でき、建築物のコア部分にCLTを効果的に配置することで、CLTの設置枚数を抑えながら開放的な空間を創出できる。

2018年には、CLT工法「LC‐core構法」を用いたサステナブルな木造建築の普及拡大を目的に「日本CLT技術研究所」を立ちあげた。フランチャイズで会員企業を募集し、現在、全国各地のビルダーやゼネコンなど約40社が加盟する。

日本CLT技術研究所の城智己課長統括マネージャーは、「約40社にまで加盟店が増え、施工エリアは、北海道を除く全国に広がり、建設実績も着実に伸びている。しかし、CLTというと非住宅のイメージが強く、一般の方の認知度は低い。さらなる普及拡大を目指すには、より多くのエンドユーザーにCLTを知ってもらい、認知度を高めていく必要がある」と話す。

そこで、多くのファンを持つ木造住宅の建築家、伊礼智氏にアプローチし、CLT住宅の設計を依頼した。同研究所が開発したCLT工法「LC‐core構法」を用いて、2020年8月から販売を行っているCLT戸建住宅商品「LAMI」の持つスケルトン&インフィルの考え方をベースに、伊礼建築の思想を盛り込んだ企画型のベーシックプランを用意した。エンドユーザーのライフスタイルを反映して、雑壁などを変更することが可能で、プランに自由度を持たせた。加盟企業を募り普及拡大を目指す。


[インタビュー]伊礼智設計室 伊礼智 氏

CLTでも小さくかわいらしいたたずまいの住宅
企画型の基本プランを用意 協力工務店募り普及

ライフデザイン・カバヤさんから、最初にCLT住宅の設計を依頼されたときは、CLTに関する知識は少なく、正直に言えば、「住宅にCLTを使用するメリットは少ないのではないか」と考えていました。一方で、新しい建築材料として、無視はできない存在であることも感じていました。そこで、CLTの理解を深めるために、岡山県を訪れて、ライフデザイン・カバヤさんがCLTを使用して建設した3階建のモデルハウスをはじめ、CLTを製造する銘建工業さんの工場や、CLTで建てた新社屋などを視察させてもらいました。

実際にCLTや、CLT建築を見ることは大事です。「1枚のCLTで、天井と2階の床、両方の用途を持たせることができる」、また、「大変丈夫な材料であるため、少ない壁量で耐震性能を上げられることもメリットになる」、一方で、「設備配管などの孔を抜く必要があるため、CLTだけを使用することは難しい」といったことが分かってきました。視察を通じて、自分だったらCLTを活用して、こんな住宅を設計できるのではないかとイメージが湧いてきました。ライフデザイン・カバヤさんと、複数回の打ち合わせを経て、設計プランを考えたのが今回のCLT住宅です。

CLT住宅のコラボ商品の完成予想模型図。「腰屋根を採用したこともポイント。ロフトとして活用してもいいし、全館空調などの設置スペースとしても活用できる」(伊礼氏)

目指したのは、CLTを使用しても、小さくかわいらしいたたずまいの住宅です。様々なCLT建築を見て感じたのは、やはりどうしても建物のサイズが大きくなるということです。しかし、私が設計するからにはプロポーションを大事にしたい。建物の高さを低く抑え、感じのいいたたずまいにすることは、全ての案件で、どんな制約を課されても取り組んでいることです。ご近所に迷惑をかけることもありません。CLTを用いて、小さくかわいらしいたたずまいの住宅を実現しようとすると、制約は多くありましたが、例えば、天井をCLT現しで仕上げる一方で、反響音を抑えるために、壁に吸音材を施工する、といった対策で、階高を抑える工夫をしています。床に絨毯を敷くことでも反響音は抑えられます。

一般的に、2階建てのCLT住宅の階高は3mを超えるようです。一方で、私が設計したCLT住宅の階高は2m75cmです。普段設計している住宅の階高は2m52cmなのに対して、20cmほど高くなりましたが、可能な限り階高を抑えました。

完成予想内観CG。「32坪の小さな家だが、CLTを効果的に使うことで、空間的に楽しく、明確な骨格を持つように工夫した。その空間の使い方を工務店がアレンジしてもいい」(伊礼氏)

また、4つの8畳間で構成する〝4間角(よんけんかく)〟のシンプルなプランを考えました。その中で、CLTを耐力壁として使用することで、耐震等級3の耐震性能を確保しつつ、建築の空間的にも楽しく、明確な骨格を持つように工夫しています。

コストをどう抑えるかも大きな課題でした。そこで、企画型のベーシックプランを用意しました。CLTの耐力壁の位置は動かさない、といったルールを決めて、その中で家具の配置や、簡単な間取りの変更を行えます。〝4間角〟の広さがあれば、家具の配置の仕方で、様々な暮らしに対応できます。

私は、10年以上前から、「ⅰ‐works project」という住宅のシステム設計に、全国47社の地域工務店などと共に取り組んできました。私が手がけてきた住宅をブラッシュアップしながら各部位を「標準化」し、工務店の工夫で、面積の異なるプランに展開することができます。「手が届く価格で、ちいさくてもゆたかに暮らすことのできる住まい」の提供を目指しています。

建築家の仕事は、一品生産で、1回チャレンジして終わりということになりがちですが、「ⅰ‐works project」に取り組んで良かったなと思うのは、数は少ないですが、量産できることです。住宅を建てて5年経ってはじめて、この部位はこう変えた方がいい、といったことが分かることがあり、改善していくことができます。

今回のCLT住宅については、まだ実際の建築事例はありません。ぜひ私たちの考え方に共感し、一緒にチャレンジしていただける工務店の方を探して、まずは実際に建設してみたいですね。すでに数社の工務店が手を挙げていただいているようです。多くの工務店に参加いただき、建築事例が増えていくことで、こうすればより良くなるということがわかり、微調整、改善が進んでいきます。ぜひ多くの工務店の方の参加をお待ちしています。

ちなみに、私は沖縄出身であるため、沖縄で、このCLT住宅が普及していくことも期待しています。近年、沖縄で、木造住宅の普及が進み、新築の半分は木造で建てられています。沖縄で、風速60mの台風にも耐えられる、安全な木造住宅として、CLT住宅が訴求できるはずです。

関連記事