【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

[図解 日本の人口移動]人の移動に変化が 一極集中の傾向にブレーキ

都心から埼玉、千葉、神奈川へ 名古屋圏、大阪圏も転出傾向が続く

働き方改革、デジタル化の推進などを背景に徐々に広がってきた地方移住が、コロナ禍で加速し始めた。大都市からその周辺へという人の動きが顕著に進み始めている。今、注目を集める県、市町村はどこなのか──。 図1 転入超過となった10都道府県の転入・転出超過数 「住民基本台帳人口移動報告」(総務省)をみると、国内での人の移動に変化が起こり始めているようだ。 2021年1~12月において、国内の市区町村間を移…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2022.6.28

デジタル田園都市国家構想 総合戦略まとまる

スマート、脱炭素、MaaSなど新たなまちづくりが始動

2022.1.14

【2022年の“注目”住宅マーケット:デジタル田園都市】郊外・地方で開発が加速

郊外・地方でデジタル実装のまちづくりが活発化 政府推進で開発が加速

2021.12.17

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】新しい資本主義で“デジタル田園都市国家”

デジタル技術の実装進め、地方・郊外の活性化へ 民間も先駆け先進スマートタウンが相次ぐ