【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.12.24

〈住宅言論広場Agora〉太陽光発電の設置率6割に向けて

東北芸術工科大学 教授・みかんぐみ 共同代表 竹内昌義 氏/京都大学大学院 経済学研究科 教授 諸富徹 氏

太陽光発電 導入の機は熟している 東北芸術工科大学 教授・みかんぐみ 共同代表竹内昌義 氏 今年8月、国土交通省、経済産業省、環境省の3省連携で設置した「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」で、“2030年において新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が設置されることを目指す”という目標が掲げられました。この目標ついて、難しいのではないかといった意見もありますが、私は太陽光発電…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る

関連記事

Presented by エヌ・シー・エヌ

東京ゼロエミ住宅に水準2、3を創設

最大補助金210万円からと手厚い支援で普及を加速