【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2021.11.19

トヨタホーム、TQ FACTORYの成約率が1.5倍に

予約も2倍と“楽しく学べる”施設が好評

新たにオープンした「TQ FACTORY」が好評だ。来場者が楽しめる施設を目指しリニューアル、成約率が1.5倍などの成果につながっている。


トヨタホームが春日井事業所(愛知県春日井市)に設けた「TQ FACTORY(ティーキュー ファクトリー)」が好評だ。

この施設は、それまでのショールーム「ふれ愛の館」をリニューアルし、同社のいえづくりへの思いや品質の高い家づくりの仕組みを、楽しく学ぶことができる新感覚の体感施設で、9月18日にオープンしたばかり。

施設のリニューアルは「今までの施設はレクチャーばかりでお客さんは飽きてしまう。堅いイメージをなくし、来場者に“楽しかった”と言ってもらうこと」(横田純夫副社長)が一番の狙いであり、来場者に参加してもらうことを重視して企画を練ったという。

TQ FACTORYは、“楽しく学べる”施設として成約にもつながっている。

まず、「住まいのMX4Dシアター」で地震映像などを大画面で体感することで、来場者に驚きをともないながらその重要性、また、トヨタホームの家づくりへの思いを知ってもらう。続いて、「地盤基礎コーナー」、「構造材強度実験コーナー」、「工法比較コーナー」、「断熱材コーナー」、「耐久性コーナー」と、それぞれの空間で、どのように家づくりを行うべきかの知識を得る。

「防災コーナー」では、床一面に愛知県の地図を描き、その上にプロジェクションマッピングにより、南海トラフ地震が起きた際、どのような場所がどのような影響を受けるのかを体感して理解することができる。

また、「暮らしのMR体感コーナー」では、MR(複合現実)ゴーグルを使って、住空間をよりリアルに分かりやすく体感できる。例えば、一階天井を見上げると吹き抜けにした場合の映像を見ることができるといった工夫だ。

これらの施設を体感した後に、工場で実際にどのようなモノづくりが行われているかを見学、さらに併設したモデルハウス「Since Smart Stage+HIRAYA」で、低炭素時代を見据えたトヨタホームの家を見ることができる。一日かけてトヨタホームの家づくりを体験し理解することができる施設なのである。

工場見学や体感施設などは、もはや珍しい取り組みではなくなった。しかし、MRやプロジェクションマッピングなど新たな技術の導入、何よりも来場者が“楽しく学べる”といったコンセプトにより、TQ FACTRYは着実に成果に結びつけている。

オープンから1カ月経つが、集客と反応は上々。完全予約制で、週末は12月まで予約で埋まり、従来施設の倍以上という。これは営業担当者が、それだけ販促手段としてこの施設を重視していることの表れであろう。さらに施設を訪れた場合の成約率は、従来施設の1.5倍にも高まった。

今後、コンテンツをどんどん増やし、さらなる充実を図る考え。また、ここでの反響をみながら、他地域への展開も検討していく考えだ。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

特集:

進化する「wallstat」が木造住宅づくりを変える

地震大国といわれる日本において、住宅の地震対策は欠かすことができない。また、遠くない将来に必ず起こるといわれる南海トラフ地震と首都直下型地震などの巨大地震に備え、住宅には、より高いレベルの耐震性能が求められている。こうした中で近年、存在感を高めているのが、木造住宅の耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」だ。木造住宅を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される巨大地震など様々な地震動のデータを入力することで、木造住宅の地震による揺れを動画で解析し構造プランを強化できる。

耐震性能の可視化により、エンドユーザーに対しても説得力を持って高耐震住宅の重要性をアピールしやすくなるため、wallstatを活用して、建てる前に住宅を揺らし、壊し、シミュレーションを行い、より耐震性の高い、安全性を高めた住まいを実現し、普及を目指す住宅事業者も増えてきている。

2022年1月には、wallstatのバージョンアップにより、耐震シミュレーション機能が強化された。ユーザーの声を反映し、計算時間を約2分と、従来の10分の1に短縮。より使いやすいものへと進化している。wallstatで耐震シミュレーションをすることがあたり前という時代になっていきそうだ。

併せてwallstatに組み込みシミュレーションできる建材、連携できるソフトウェアも紹介する。

目次を見る

関連記事

2022.1.14

【2022年の“注目”住宅マーケット:デジタル田園都市】郊外・地方で開発が加速

郊外・地方でデジタル実装のまちづくりが活発化 政府推進で開発が加速

2022.1.12

【2022年の“注目”住宅マーケット:太陽光発電】ZEH化、TPOモデルが後押しに

戸建分譲、賃貸へも導入が進む ZEH化、TPOモデル登場が後押し

2022.1.6

【2022年の“注目”住宅マーケット:ZEH】分譲、共同住宅へも広がりが

課題解決が進み市場が拡大 戸建分譲、共同住宅の市場も動き出す

2021.12.17

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】新しい資本主義で“デジタル田園都市国家”

デジタル技術の実装進め、地方・郊外の活性化へ 民間も先駆け先進スマートタウンが相次ぐ