お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

グッドデザイン賞が決定

コロナ禍でデザインに対する期待高まる 住まい関連で多くの受賞

(公財)日本デザイン振興会が、2021年度グッドデザイン賞を発表した。

コロナ禍で開催された今回は、「100年に一度の変化の時期に、デザインに対する期待がかつてないほどに高まっている」(深野弘行・日本デザイン振興会理事長)の言葉通り、審査対象数が5835件と前年度から1066件も増加した。安次富隆審査委員長は「コロナ禍での行動制限により、人、社会、環境をより良くしようと、小さな声もくみ取れる状況になったのではないか」と語る。

こうしたなかで受賞件数は1608件(前年比213増)、受賞企業は1101社(同127)と、ともに増加した。

この1608件のなかから、独自性、提案性、審美制、完成度などの面において特に優れており、これからの時代のモデルとなるデザインとして位置づけられる「グッドデザイン・ベスト100」、さらにそれらの中から特別賞として「グッドデザイン金賞」20件と、「グッドフォーカス賞」12件を選定した。この「グッドデザイン金賞」から「2021年度ファイナリスト(大賞候補)」の全5件が選出されている(表)。

コロナ禍で応募増
住宅、建材、設備で増加

審査対象件数が前年度から1000件以上増えているが、増加した分野の一つが住宅・建材・設備などのプロダクツであるという。これらの分野からは、「ジョンソンタウン」(磯野商会+渡辺治建築都市設計事務所)が「金賞」を受賞した。

「ベスト100」には、戸建住宅で「ニセカイ住宅」(三栄建築設計+横井創馬建築設計事務所+個人)など設計事務所が手掛けた物件4件が、集合住宅で「プラウド神田駿河台」(野村不動産)が選出された。建材では「窓まわり関連製品」(LIXIL)が、設備では「クルマde給電」(トヨタホーム)、「純水素型燃料電池」(パナソニック)などが選出された。また、リノベーション物件では「リエットガーデン三鷹」(ジェイアール東日本都市開発+リビタ+成瀬・猪熊建築設計事務所+長谷工リフォーム)や「がよもんモデル」((一社)がもよんにぎわいプロジェクト)もベスト100に選ばれている。

これら以外にも、約1600件のグッドデザイン受賞の中には、住宅・建築、建材・設備などが多く含まれている。

今年度のグッドデザイン賞のテーマは「希求と行動」。コロナの影響をはじめ社会環境が大きく変わるなか「驚いたことに、〝希求と行動〞をいち早く実現している例が多数にのぼった」(安次富審査委員長)、「何らかのアクションを起こす、デザインの自分事化を強く感じた」(齋藤精一・審査副委員長)という。住宅・建築、また、これを形作る建材や設備等においても受賞は多く、社会の変化に対する動きが加速している。

2021グッドデザイン賞 住宅関連の主な受賞例

パナソニック ホームズは、ツバメアーキテクツ一級建築士事務所、バルーンの3社協働で設計・施工した5階建賃貸併用住宅「PLAT295」がグッドデザイン賞を受賞

トヨタホームの「クルマde給電」はHEV・PHEなどの車両から住宅に電力供給できる業界初の非常時給電システムで「ベス100」に選ばれた。同社は、「ミヨシミライト」、「ザ・シェブロンノット」、「ザ・セントラル」の3つの街づくり分譲事業も受賞している

ミサワホームは、住宅「五感に訴えるランドスケープデザイン」(写真)、机「カウンターデスク」、セカンドハウス「富岳山荘」、床材「RM フロア」の4点を受賞。同社の累計受賞数は住宅業界最多の165点となった

LIXILは「ベスト100」に選ばれた「リラックス効果を提供する空間デザインと新機能を搭載したシステムバス「SPAGE」をはじめ、21のアワードを獲得した

リビタは、ジェイアール東日本都市開発との共同事業でリノベーションによる多世代居住の場づくり「リエットガーデン三鷹」で「ベスト100」を受賞した

ポラスグループは、14点の受賞と過去最多。中央住宅の複合型シェアリングコミュニティ「浦和美園E- フォレスト2021」(写真)、ポラスガーデンヒルズの「空居間(そらいま)の街」といった街づくりから、住宅資材センター/ ポラスの抗ウイルス・抗菌フロアー「アンビエントフロアーCV」など幅広い分野の受賞となった

三菱地所ホームは、サスティナブル外装材「天然木ノンビス工法外装材」でグッドデザイン賞を受賞。天然木外装材の課題であった耐久性、施工性、メンテナンス性をノンビス工法によって解決した製品だ

積水ハウスは、木造戸建住宅シャーウッド「KOKAGE LOUNGE(コカゲラウンジ)」(写真)と、分譲マンション「グランドメゾン上町台レジデンスタワー」がグッドデザイン賞を受賞した

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事