【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.10.1

積水ハウス、新生活様式対応が奏功し、戸建事業が好調

上期は増収増益、通期も上方修正へ

積水ハウスは上期の決算を発表した。新生活様式への対応により戸建て住宅事業が好調に推移するなどし、増収増益を確保。通期予想も上方修正した。 戸建はコロナ前の水準まで回復付加価値提案や新営業拠点が寄与 積水ハウスは上期の決算を発表、売上高は1兆2236億500万円(前年同期比4.8%増)。営業利益は1096億9300万円(同18.4%増)と、増収増益を確保した。戸建住宅、賃貸住宅、リフォームなどの事業…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

 New 2022.7.5

ナイス 国産材の取扱量が増加、さらなる取り組みを推進

サプライチェーン構築、パッケージ商品の提案など

2021年度決算 [住宅]

見え始めた大手ハウスメーカーの成長軌道

2021年度決算[設備]

主要設備メーカーは各社大幅増益 新築の回復にリフォーム好調が追い風に