お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.9.27

一条工務店「水害対策に関する意識調査」

水害リスクを感じているものの“備えをしていない”は8割以上に

対策にお金をかけてもよいが、何をしてよいのか分からない

水害の備えをしていない理由 居住形態別

一条工務店が、水害への危機感や対策の状況について、全国の男女869人を対象に調査を行った。“備えていない”人の半数が「何をすればよいのかわからない」など、対策に関する情報が不足している状況が浮き彫りになっている。

同調査によると、身近な水害リスクについて「非常にリスクを感じている」(17.7%)+「ややリスクを感じている」(46.1%)と、6割以上の人が水害のリスクを感じている。しかし、「水害に対する備えをしている」人は15.4%しかおらず、84.6%の人が水害への備えをしていない。
「備えをしていない」と回答した人に理由を尋ねたところ(複数回答)、「何をすればよいのかわからない」が57%と抜きんでて多く、次いで「住んでいる地域の災害が少ない」、「被災する実感がない」と続いた。

水害リスクを感じているにもかかわらず「自分だけは大丈夫」と考える人が多い一方、自分事として捉えても何をしててよいのか分からないと、対策の情報はいきわたっていないようだ。

一方、「水害に対する備えをしている」人に「備え」の内容を聞いたところ、「食料・水の備蓄」が9割近くと最も多く、「懐中電灯の購入」、「ハザードマップの確認」、「防災グッズ・非常用持出袋の準備」、「電池・モバイルバッテリーの購入」の4項目が6割を超えている。
戸建住宅に住む人に「水害で自宅が床上浸水した場合、元の生活ができる状態まで復旧するのにどのくらいの時間がかかると思うか」と尋ねたところ、最も多かったのは「1カ月以上~3カ月未満」(27.0%)であり、半数近くが3カ月以内に復旧できると考えている。

床だけであれば2週間もみればよいが、浸水害の場合は周囲も被害を受けているケースがほとんどで、工務店などの手が足りなくなることも考えられる。さらに大規模災害の場合、資材が不足すケースもある。例えば、2020年の九州北部7月豪雨で、床上浸水+壁に被害があったケースでは元の生活に戻るまでに7カ月かかった例もあったという。

さらに、戸建住宅に居住する人に「水害対策のために家を補強するとしたらいくらまで検討するか聞いたところ」、最も多かったのは「50万円以上~100万円未満」(35.3%)であるが、「100万円以上」をかけても良いと考えている人も3割以上いる。

対策にお金をかけても良いと考えているにもかかわらず、実際にはどうして良いのか分からないというのが現状のようだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事