お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.9.3

ダイドーハント、リハビリ施設に狭小耐力壁が採用

無垢材のラーメン構造と併用で大空間を実現

ダイドーハント(大阪府吹田市)が展開する狭小耐力壁「フロッキン狭小壁」が、岐阜県で建設中のリハビリ施設に採用された。無垢材を使用したラーメン構造との併用で、開放的な大空間を確保できることが決め手となった。


岐阜羽島駅前で建設中の鉄骨造の診療所(延べ床面積503㎡)に併設される、平屋木造のリハビリ施設(延べ床面積129㎡)に、ダイドーハントの狭小壁「フロッキン狭小壁」が採用された。

施主から「診療所に併設するリハビリ施設には、リラックス効果が期待できる木を使用したい」という要望を受けて、設計を担当するユアサ商事は、当初、診療所もリハビリ施設も鉄骨造で建設し、リハビリ施設のみ内装を木質化する計画であったが、ライン工業(岐阜県可児市)が開発した独自のラーメン構造「囲柱ラーメン木構造」の存在を知り、リハビリ施設は木造で建設するように方針転換を図った。

リハビリ施設の正面には、ライン工業の「囲柱ラーメン木構造」を採用し、幅8m の間口を確保した

木造建築において、梁方向のスパンを確保するために使用されるラーメン構造だが、そのほとんどは、集成材などのエンジニアリングウッドが使用されている。対して「囲柱ラーメン木構造」は無垢材を用いていることが特長だ。木材のトレーサビリティを証明しやすく、岐阜県が実施する、建築物への地域材利用を促す補助制度を活用しやすいことが、木造へ切り替える要因の一つとなった。

しかし、リハビリ施設の正面側に「囲柱ラーメン木構造」を使用して8mの間口を確保することはできたが、道路側に面する、奥行15mの壁をどのように構成するかが問題となった。リハビリ施設は階高が3.5mあり、「囲柱ラーメン木構造」を2方向ラーメンで使用できる適用範囲は階高3mまでであり道路側に採用することはできなかった。また、一般的な在来軸組工法の柱芯910mm巾、最大壁倍率5倍の耐力壁を用いると、開口部が狭くなり封鎖的な空間になるほか、特殊建築物には必須となる排煙設備を設置することも難しかった。

道路に面するリハビリ施設の奥行15m の壁には、8つのフロッキン狭小壁を採用。求められる壁耐力を実現しながら、開口を広く確保し、排煙設備の設置もクリアした

こうした中で、白羽の矢が立ったのが、ダイドーハントの「フロッキン狭小壁」であった。柱頭と柱脚に専用の粘り強い金物を使い、ビスの配置などを工夫することで、柱芯350mm巾で開口部を大きく確保しながら、壁倍率7倍相当の高耐力を確保できる。さまざまなパターンの納まりで試験を行っているため確認申請もスムーズに行える。また、「囲柱ラーメン木構造」と在来軸組工法の柱、梁などの取り合い部には、特注金物が必要となるため、将来的には、特注金物の製作、構造計算も担っていきたい考えだ。

「市場拡大の期待が膨らむ非住宅木造市場だが、何から手を付けていいかわからない事業者は多い。『囲柱ラーメン木構造』と『フロッキン狭小壁』を併用することで実現できる大空間で差別化が図れる。非住宅木造への取り組みを強化するプレカット工場や住宅事業者などへ提案を強化していきたい」(同社)考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事

2021.9.30

住宅高性能化を後押しする耐力面材、耐力壁

職人不足、品質確保、非住宅木造の対応でも鍵に