お知らせ ◆10月21日〜22日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.7.15

パナソニック ホームズ、買取再販本腰へ、2030年に350億円

専任部署設けストック事業を加速

パナソニック ホームズは、買取再販事業に本腰を入れ始めた。子会社に専任部署を新設し、物件の買い取りからリフォーム・リノベーション、再販までをワンストップで展開。ストック事業を加速する考えだ。


買取再販事業のイメージ

同社は昨年、リフォーム、不動産各部門を再編し、新たにストック事業部を立ち上げた。グループの成長戦略の1つである、オーナーを中心とした既存住宅ストック事業の強化が目的。買取再販事業への取り組み本格化は、その一環で、2030年に350億円の売り上げを目指す。

同社がこれまでに販売した住宅などの累計棟数は約44万棟。買取再販の対象は、同社施工の既存住宅だけでなく、一般のマンション住戸(専有部)も含める。「賃貸住宅については現在検討中」(同社)という。同社オーナーサポート部門と、パナソニック リフォーム、パナソニック ホームズ不動産の3社が連携し、物件の買い取りからリフォーム・リノベーション、再販までをワンストップで行う。

買取再販事業の専任部署「住宅流通推進センター」はパナソニック ホームズ不動産の中に設置。オーナーが売却を希望している場合、この専任部署が窓口となり、住宅の買い取りや企画、メンテナンスやリフォーム、再販に対応する。買取再販のメインとなる戸建の既存住宅については従来、売買仲介が中心だった。新たなオーナーなどに必要なメンテナンスやリフォームを行ってもらうため、パナソニック リフォームを、パナソニック ホームズ不動産の売買仲介部門が紹介していたが、高い成約率には至らなかったという。このため、自社で物件を買い取り、価値向上のためのリフォーム、リノベーションを施し、再び販売する、買取再販を本格化し、ストック事業に勢いを付けることにした。

戸建てについては、同社も参加する「スムストック」査定を活用。耐用年数が異なる構造と内装・設備を分け、これまでの点検・補修やリフォームも適正に評価されるため、売主は一般的な査定よりも高い買取価格が期待できる。一方、買主も、これまでの住宅履歴などを引き継ぐことができるため、品質や長期保証が続けて受けられるなどのメリットがある。再販する住宅については「リフォーム時にパナソニックの最新の住宅部材を採用し、住宅の価値を最大限に高める」(同社)。再販する物件価格について、同社は「エリアが都市部か地方か、立地条件、土地・建物規模などにより大きな幅があるが、概ね、戸建てでは3000万円~5000万円程度と考えている」と明かす。

マンションの買い取りについては一般的な査定を活用する。

再販する物件については、戸建もマンション専有部も、リフォーム工事完成後1、2ヶ月間、周辺住民を対象とした実例見学会の場として活用する。リフォーム実例を周辺住民に見てもらうことで、リフォーム需要の喚起や、同時期に同社が建てた住宅の売却を検討している住まい手に、買取再販事業を認知してもらうためだ。買取再販を通じて良質な住宅ストックを増やすことで、「団地再生、まちの再生に広げていきたい」(同社)考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.629(2021年20号)

特集:

蓄積されるエビデンスの最前線

住まいの温熱環境が居住者の健康を大きく左右する──そのエビデンスが着実に蓄積されつつある。
断熱性や気密性を高めることは暮らしの快適性につながるだけでなく、健康にも影響することは従前から指摘されてきたが、これらは経験や体験に基づくものであり、医学的なエビデンスに裏打ちされたものではなかった。
しかし、ここ10年間ほどの間に温熱環境と健康に関する研究が進み、その成果がまとまり始めている。
温熱環境と血圧、睡眠、虚弱、皮膚疾患などとの関係が明確になりつつあるのだ。
高性能住宅は、省エネ性や快適性などだけでなく、こうした健康面での価値を持つ。
住まいづくりも大きく変わりそうだ。
それぞれの分野の学識経験者に、研究の最前線、その影響などについて聞いた。

住まいと健康
慶應義塾大学理工学部システムデザイン科 教授 伊香賀俊治氏
温熱環境と睡眠
関西大学環境都市工学部建築学科 教授 都築和代氏
温熱環境と高血圧
自治医科大学循環器内科学部門 教授 苅尾七臣氏
温熱環境と皮膚疾患
岐阜工業高等専門学校建築学科 教授 青木哲氏
温熱環境と虚弱
北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科 准教授 安藤真太朗氏

目次を見る

関連記事

進化するフローリング

デザイン面、機能面で高まる付加価値

2021.10.14

YKK AP 性能向上リノベの普及へ 全国の工務店と協働体制を構築

「性能向上リノベの会」を発足し、累計1万棟の実績目指す

2021.9.10

MUJI HOUSE、団地やマンションで買取再販事業に参入

性能向上リノベを施し年間100戸の販売目指す